設計監理業務の流れ (戸建住宅の場合の目安)
企画 業務内容 業務報酬・支払 業務期間

相談・受付



打合せ



プロポーザル案



設計者決定


●相談内容の把握.予算・計画概要のヒアリング
●実作例のプレゼンテーション・業務内容の説明


●要望のヒアリング・整理
●敷地・関係行政の概要調査
●法規チェック
●ボリュームの検討


●平面・模型による提案
●企画提案等


●重要事項説明書の交付と説明








○調査・現地調査交通費・実費の精算
(設計契約に至った場合は設計料に含まれます)

○プロポーザル費用 \50,000〜150,000
(設計契約に至った場合は設計料に含まれます)







2・3週間程度





基本設計 設計監理業務委託契約締結と書面の交付 設計監理業務第1回業務報酬支払
(設計開始時・割合の目安20%)

基本設計



打合せ



打合せ



確認



●地盤ボーリング調査(既にデータがある場合不要)
●関係行政の事前協議開始

●構造計画・設備計画の検討
 (各協力事務所との設計打合せ)
●平面図・模型による提案
●仕上げ・設備等のヒアリング・整理

●仕上げ・設備等の提案
●構造計画・設備計画の提案

●平面図・模型による確認
●仕上げ・設備等の確認
●構造計画・設備計画の確認


●概算提出
○地盤ボーリング調査費
 (深さ・既存建物の有無等による)








2ヶ月程度





実施設計 実施設計開始の確認 設計監理業務第2回業務報酬支払
(実施設計開始時・割合の目安30%)

実施設計



本見積



見積調整



工事契約金額の決定



確認申請



●詳細設計の検討
●見積用図面の作成
●構造実施設計・設備実施設計
 (各協力事務所との詳細打合せ)

●施工業者に本見積依頼(3社程度)
●質疑等の回答

●本見積の金額調整
●予算内の仕様・設備変更等の調整
●予算内の構造更等の調整




●施工者選定



●建築確認申請図書の作成
●建築確認申請手続き
●工事請負契約立会い










3ヶ月程度









○確認申請機関、役所への確認申請費支払
○第1回工事費 契約時金支払(割合の目安1/3)
施工監理 建築工事・監理業務開始 設計監理業務第3回業務報酬支払
(実施設計開始時・割合の目安30%)



工事着工



躯体工程



上棟(中間検査)



仕上工程



竣工・引渡し

●着工式(地鎮祭)立会い
●工事定期監理打合せ開始
 (構造設計事務所・設備設計事務所共)


●躯体工事施工図承認・検査



●役所中間検査
●安全瑕疵保険中間検査


●仕上工事施工図承認・検査
●製品工場検査・受入検査


●(軽微な変更届・計画変更届)
●役所完了検査・完了済証
●安全瑕疵保険完了検査
●監理者・施主完了検査・引渡し

●竣工図交付






○第2回工事費 上棟時金支払(割合の目安1/3)

○確認申請機関、役所への中間検査費支払
*構造・規模によって検査の有無あり






○確認申請機関、役所への完了検査費支払
○第3回工事費 竣工時金支払(割合の目安1/3)
○登記費用










6ヶ月程度





竣工 定期メンテナンス監理開始 設計監理業務第4回業務報酬支払
(実施設計開始時・割合の目安20%)
*設計監理料は、通常の住宅の場合、規模・構造により工事金額の12%〜15%ですが、条件により異なる場合があります.
*上記の設計監理料には、建築意匠設計+工事監理料、構造設計+工事監理料、設備設計工事+監理料を含みます.
*支払い条件等については個別に対応します.お気軽にご相談ください.