Q & A : 業務ご依頼の際に、よくある質問をまとめました
Q: まだ土地が見つかっていません、相談できますか?

A: ご希望の地域に強い不動産仲介業者に協力を依頼し、土地探しからお手伝い可能です。

その場合、購入候補の土地に対して建物ボリュームや地盤等に対するアドバイスも可能になります。




Q:今ある古い建物や土地を有効活用したい。この土地にどのぐらいの建築が建ちますか?

  2世帯住宅や賃貸併用マンションなども可能ですか?


A: その土地や既存建物の調査を行い、有効活用の観点から、新築、リノベーションを含めて、

規模や用途の検討、関係法令や接道の確認などのアドバイスが可能です。

敷地の特性を活かすよう企画段階から協力することで、質の高いプロジェクト実現に近づきます。




Q: 建設コストはどのぐらいかかりますか? やっぱり注文住宅は高いですか? 坪単価でわかりますか?

A:
ご予算に対して、トータルな設計工程からの工夫や創意を元に設計しています。

型にはまったハウスメーカーと異なり、100%自由なプランから、構造、仕上材にいたるまで、

予算の配分を有機的に組み立てることができます。

その敷地で最も豊かな空間デザインを構想し、そのプランに最も合理的なコストコントロールすることによって

実際に実現させることができるようになります.

 +

予算の組みの目安になるのが、坪あたりの工事費(坪単価x延床面積=工事費)です。

主に構造方式別で目安とします.用途や階数、設備や地盤の状態、接道によって増減します。

  建設コストの目安(坪単価)
  

  ・木造の工事費   : 65万円〜 /坪  

  ・鉄骨造の工事費  : 85万円〜 /坪  

  ・RC造の工事費    : 90万円〜 /坪  

  ・地階部分の工事費 : 150万円〜 /坪  



Q: どのぐらいの要望を実現できるのか想像がつきません...

A: 漠然としたイメージのまま、夢やご希望を思いきり語ってください。

そのご要望ひとつひとつを、予算の中で最大限コントロールしながら、

できるだけプランの中にちりばめて、総合的・有機的に設計を進めます。

例えば、基本となるプランにオプションA、Bなど設備や家具の異なる仕様で概算を出します。

その一方で施主さんにはショールームやサンプルで実物を体験していただくことで、

概算見積の金額と同時並行で、現物や空間イメージのご検討が可能です。


工事契約時の仕様は着工の礎となるものですが、着工後の変更も、

事前にコスト検討を施主さんご了解の下行い、基準法の範囲内で可能です。




Q: 構造と地震対策について

A: 構造設計は、経験豊かな構造設計事務所に依頼して、敷地とプランに最適な構造方法をご提案します。

耐震性能は法定基準以上とし、個別に構造解析を行っています。

実施設計前に、構造の考え方や耐震の度合い、対策などについて、ご説明・ご理解の上で設計を進めます。

また工事現場中も、設計通り施工がなされているか構造事務所と検査を実施してご報告。

施主さんにも工程によって現場確認していただきます。




Q: 工事中と竣工後の保証等について

A: 2009年より施工社の「安全瑕疵担保保証」加入が義務化(竣工後の10年間の保証)。

また、完成保証をつけて工事契約を結ぶことによって、万が一、工事中の施工業者の倒産等

リスクを回避できます。完成後は、防水・設備などメーカー保証等がつきます。

また、竣工後はゼネコンと共同で定期点検を実施します。